ブログとユーチューブは市場が重複してない

2018/08/10

実は、ブログとSNSの利用者層はあまり重複していない。

多くの人は、「ブログ」、「youtube」を並列に考えているが、マーケット的には別市場と言っていい。

したがって、ブログ記事を書いて、youtube字幕(テキスト)動画を作ることはマーケットを広げる上で効果がある。

例えば、スマホのレビュー記事をブログに書いて、動画をyoutubeに上げるとアクセス数はそれぞれ増加する。

ただし、ブログとyoutube利用者層は違うので、ブログと同じテイストで動画を作っても動画の再生回数は多くならない。

実際、ブログで月間200万PVのブロガーの動画は3年経っても5000回しか再生されていない。

ブログとyoutubeのマーケットは異なるので、両方でアクセスを伸ばすことはできるが個人ではかなり困難だ。

逆に言うとブログでPVが伸びないなら、youtubeを中心にすることも選択肢の一つだ。

 
スポンサーリンク



ブログとyoutubeの違い

  • ブログは比較的、年齢層が高い
  • youtubeの年齢層は10代が多く、年齢は低い。

したがって、ブログでスマホレビューする場合、スペックをきっちり書く必要がある。

しかし、youtubeでは、○○スマホよりも速いとか、持ちやすいといったリアルな感想が好まれる傾向にある。

-ブログ裏技

error: Content is protected !!