ホリエモン氏のメルマガ、週一回発行で年売上1億円以上、有料読者1万6000人

2018/01/29

「ホリエモン」こと堀江貴文氏のメルマガの有料購読者は1万6000人と言われる。 

メルマガ「堀江貴文のブログでは言えない話」は、毎週月曜日に発行され、月額864円。登録者数は1万6000人(2014年3月)を超える。

引用 http://president.jp/articles/-/17766

売上を計算すると

1人月額864円で1万6000人なので、月売上は約1,382万円となる。

年間だと月1,382万円の12ヵ月分なので、約1億6600万円となる。

ここから税金やメルマガ発行手数料を引かれても1億円の収入はあると思われる。
スポンサーリンク


メルマガの配信頻度は?

ホリエモン氏のメルマガは毎週月曜日に週1回配信、月間で4回程度配信される。

 

なぜ1万6000人も有料メルマガに登録するのか?

ホリエモン氏のメルマガは、週1回ながら、かなりの内容があるようで、ビジネス、海外情報、グルメまで広範囲に扱っている。

さらに、読者に人気になっているのが「Q&A」コーナーで、メルマガ読者の質問にホリエモン氏が回答する内容になっている。

メルマガ登録者の中には、ホリエモン氏のことは好きではない人もいるようで、なんらかのビジネス情報、起業のヒントを得ようとしているのだろう。

個人的に好きでもなくても、内容が良ければ、読者が読んでくれるのだ。

 

まとめ

ネット時代で速報性が重要だと思っていた。しかし、よく考えると、毎日、メルマガが届いても最新号を読まないまま次のメルマガが届いてしまうことがある。

それなら週1回で内容の濃いメルマガを発行して、読者は1週間かけて空いた時間に読むというスタイルがいいのかもしれない。

ブログ記事が100記事未満ならば、できるだけ毎日、ブログを更新するといい。

しかし、ブログ記事が100記事、200記事を越えてくると内容の薄い記事で毎日更新するよりも週1回、内容の充実した記事を更新した方がいいのかもしれない。

-ブロガーウォッチ

error: Content is protected !!