移住系炎上ブロガーが読者を不安にさせ転職サイトに誘導か?

2018/05/17

移住系ブロガーのアクセス数が減少している

similarwebによると移住系ブロガーの月間アクセス数は2016年8月に約250万アクセスがあったが、2017年4月には月間200万アクセスと約2割も減少している。

この炎上ブロガーはアクセス数の減少に焦っているようで、ブログで「IT技術がないと将来が不安」と読者を不安にさせ、転職サイトや自身の有料オンランサロンに誘導しているようだ。

スポンサーリンク


移住系ブロガーのITスキル

移住系ブロガーはワードプレスのカスタマイズができないようで、また、H3タグでブログ記事全部を囲うという独自のITスキルを持っている。

まあ、ブログでITスキルというならアプリくらい作っているのかと思うと、アプリを作っている様子はない。

簡単なHTMLは書けるだろうがスタイルシート(CSS)は無理のようだ。

よくこの程度で、ITスキルがあるかのように上から目線でブログ記事を書くとは、その厚かましさに飽きれる。

マルチ商法も「不安を煽ってビジネス」をしているが、移住系ブロガーも同じように読者を不安にさせ、なんらかの利益を得ようとしていると思われる。

アクセス数が減少して、そこまで、追い込まれたということだろう。

しかも、読者を不安にさせて、自身の農作業の下働きを月額12万円でさせるつもりらしい。

条件次第では、最低賃金法違反の可能性もあるし、農作業で負傷した場合の保険なども不明な点が多い。

山間部の農地の場合、草刈していても、崖から転落することもある。実はかなり危険な作業で、ベテラン農家の指導がないといつ事故にあうってもおかしくない。

去年は月10万円で書生制度を作っていたが、その弟子たちのブログ収入は1年経っても月間1万円程度ということらしい。

果たして、この移住系ブロガーを参考にして、ブログ収入を得られるのだろうか?

ツィッターで、移住系ブロガーを評価している人を見ると、情報弱者のように思える。

多分、ブログ記事全体をH3タグで囲っているのではないか?

-ブロガーウォッチ

error: Content is protected !!