移住系ブロガーは、なぜ、年商と言うのか?

移住ブロガーが年商と言うわけ

ブログで生活している人の多くは、個人事業主として納税している。その理由は、いわゆる青色申告をしていれば、年間65万円の控除が認められるからだ。

また、ブログの経費って、PCやネット通信費くらいで年間65万円以下の場合が多い。

したがって、ブログを書くだけなら、ブログ収入が数千万円でも年間経費は100万円以下なので、ブログ収入≒年収となる。

ところが、移住系ブロガーはブログ収入という単語ではなく、年商という単語を使っている。

そこに違和感を感じる。

多くの人は、ブロガーって経費はかからないからブログ年商≒年収と思うだろう。

しかし、移住系ブロガーの年収は年商の10分の1の可能性がでてきた。

そのからくりは、ブログ収入は発生金額と確定金額に大きな差があることを利用していると見られる。

ブログ収入は、ブログ訪問者がそのブログ経由で買い物したり登録することで得られる。

しかし、ブログ訪問者が買い物をキャンセルしたり、最後まで登録しなかった場合は報酬を得ることは出来ない。

この発生ベースの金額と確定ベースの金額の差が10倍も違うことがある。

具体的には、発生ベースの金額が月100万円でも実際に確定した金額は月10万円ということもある。

移住系ブロガーが年収ではなく年商と言っているのは、年商=発生ベースという意味で使っている可能性がある。

つまり、発生ベース月100万円で確定金額月10万円の場合、年商=1,200万円(月100万円×12か月)という意味で書いている可能性がある。

この場合、年商1,200万円だが、実際の年収は120万円しかないことになる。

-ブロガーウォッチ

error: Content is protected !!