警官クビ・ブログの人は「バカの壁」を読んでいた

2018/01/28

警官クビ・ブログを読むと養老孟司さんの「バカの壁」という本を読んでいたとを書いている。

「バカの壁」は東京大学名誉教授の養老孟司さんが2003年に出版した本で、400万部を越えるベストセラーとなった。
スポンサーリンク


ブログを書く=アウトプット

ブログを書くということは、自分の中で思ったこと、考えたことを「アウトプット」、「出力」することだ。

しかし、普通の人が日常生活で経験することの多くは、ブログネタにならない。

例えば、「今日、朝、散歩しました。紅葉が綺麗でした。」とブログに書いても、だれも興味を持たない。

やっぱり、アウトプット(ブログを書く)するためには、インプットしなければならない。

 

インプット(入力)とはなにか?

読書したり、旅行に行ったりして、経験値を高めることことが、インプットということだろう。

よくタレントさんが「充電」します宣言して休養することがある。これも、インプットするということだろう。

 

読書は面倒

読書と言っても、数百ページある本を読むのは大変だ。

読みやすい「推理小説」はスラスラ読めるが「トリック」知識が増えるだけで、ブログネタにはなりそうにもない。

でも、本屋さんに行くと、売上ランキングで本を並べている。

それを見て、こういう本や作家さんが流行っているんだってことを見に行くことは面白い。

 

コメント

ブログを書く作業はアウトプットなんで、インプットが必要になってくる。それは、読書だったり、街歩きや旅行だったりする。

突然、話が飛ぶが、ブログネタとしては、「ランキング」ものは集客できるコンテンツだ。ブログネタに困ったら「ランキング」ネタを書くのもいい。

-ブロガーウォッチ

error: Content is protected !!