パワーブログの作り方、記事数はいくら必要か?

2018/05/31

「パワーブログ」とは、いろいろな定義があるが、ここでは、1記事1,000文字以上で、記事数も200記事以上の情報量の多いブログとする。

「ペラサイト」(ペラペラの紙みたいな内容の薄いブログ)の反対語としてパワーブログと呼ぶようになった。

パワーブログは、記事数や文字数を多くして検索エンジンからのアクセス数を稼ぐことを目標としている。

検索エンジンからブログに誘導するという発想なので、検索エンジンで検索される「キーワード」を意識してブログ記事を書く必要がある。
スポンサーリンク


なぜパワーブログなのか?

2010年ごろまでは、ペラサイトを100サイト作って、相互リンクして、検索順位を上げる手法があった。

しかし、検索エンジンのアルゴリズムの変更(パンダアップデート等)で、ペラサイトは姿を消した。

その後、トレンドアフェィリエイトが流行した。今でも流行っているが、トレンドアフィリエイトは欠点がある。

1. 毎日、大量の記事を書く必要がある。

2. 記事を更新しないとすぐにアクセスが少なくなる

3. 大手トレンドブログは複数人、24時間体制でブログを更新している。1人でトレンドアフィリエイトブログを運営しても大手にはかなわない。

そこで、更新頻度が少なくてもアクセス数を維持できるパワーブログが注目されている。

 

パワーブログの条件とは?

記事数 200記事以上
1記事当たりの文字数 1,000文字以上
ブログ開設から3ヶ月以上
月間PVは2万PV以上

 

パワーブログのメリット

パワーブログはロングテールのアクセスが多い。

ロングテールとは、長期間にわたりアクセスがあることを言う。

過去記事へのアクセスが多いのでブログを頻繁に更新をしなくても、アクセス数を維持できる。

ブログのドメインパワーが強くなると、狙ったキーワードで検索エンジンの上位に表示させることも可能となる。

 

ドメインパワー

ドメインパワーとは直訳すれば「ドメインの力」だが、検索エンジンからの「ドメイン」の評価順位ということだ。

このドメインパワーが強いと、同じ「キーワード」で記事を書いても検索エンジンで上位に表示される。

パワーブログは、この「ドメインパワー」が強いので、ロングテール(長期間)でアクセスを集めることができる。

ブログ開設3ヶ月、200記事程度で検索上位になることが多くなり、ドメインパワーを感じることができる。

ドメインパワーを強化する方法

 

初心者でもパワーブログ作れるか?

パワーブログはブログ開設から3ヶ月、毎日1,000文字以上の記事を更新しないといけない。

初心者が毎日1,000文字以上の記事を書くのはかなりハードルが高い。しかも、最初の3ヶ月は月間収益が数百円しかない。

しかし、3ケ月間、毎日1,000文字以上の記事を書くつもりなら、初心者でも「パワーブログ」は作れる。

スポンサーリンク


「独自ドメイン」と「ワードプレス」

パワーブログは、記事を多く書いて、「独自ドメイン」を強化してアクセスを集める手法なので、「独自ドメイン」がないと始まらない。

また、「ワードプレス」(WordPress)はSEOがよくできているので使われることが多い。レンタルサーバーも高速サーバーの方が検索上位に入りやすいので、「Xサーバー」が定番になっている。

X10 wordpressとhtmlの両方が使える 月額1,080円から
WPXレンタル wordpress専用、ドメインは10個まで 月額1,080円から
WPXクラウド wordpress専用、ドメインは1個まで 月額540円から

「X10」で月間50万PV~100万PVに対応できる。しかし、一度にアクセスが1,000以上集中すると表示速度が低下する。

「WPXクラウド」はプランを変更するだけで、サーバーを移転せずに2,500万PVまで対応できる。

 

まとめ&補足

ブログ開設3ヶ月で月間2万PV程度でパワーブログの初期段階に達したと言える。

パワーブログで月間2万PVは少ないように思える。しかし、ブログの記事数が200記事以上になると、毎日のPVや収益が安定してくる。

その後は毎日、1記事更新すれば、1年後には月間10万PVに達するはずだ。

月間10万PVになればドメインパワーがさらに強くなり、1週間に1~2記事を書けば、月間10万PVを維持できる。

月間10万PV達成後にもっと上を目指すなら、1週間で3~5記事を書くとブログ開設から2年後には月間30万PVも可能になってくる。

-ブログ裏技

error: Content is protected !!