魚系ブロガー、自作自演(景品表示法違反)がばれて、逆切れ

2017/09/11

自分の書籍のレビューを自分で書いて、それを批判されて、速攻自作自演のレビューを消した魚系ブロガーがいる。

その魚系ブロガーが、今度は、「稼いでないなら批判するな」と逆切れをしている。

ブログを仕事として稼いでいる者もいるだろうが、趣味的にブログを書いて収入はサーバー代程度で満足している者もいる。

魚系ブロガーによれば、そういう、趣味的にブログを作っている者はブログで儲かっているというブロガーの手法を批判してはいけないということらしい。

 

結局、魚系ブロガーは自作自演で自分の著作に高評価のレビューを書いたことを批判されたくないらしい。

 

月間36万アクセスって大したことない

この魚系ブロガーのブログのアクセス数は月間36万アクセスと推定される。

複数のブログを合計するともっと多いと思うが、メインのブログの月間36万アクセスって、ブログで生活するには少なすぎる。

まともな方法であれば、月間36万アクセスで10万円程度しか稼げない。

実際、ブログで稼げていないから、必死になって、自分の著作に自作自演のレビューを書いたのだろう

ちなみに、当ブログ管理人が作ったブログのアクセス数はこちら↓

まあ、アクセス数とページビューは微妙に違う。

しかし、月間45万PVのブログを作った立場から言うと、魚系ブロガーを評価している人は「騙されやすい人」だと思う。

 

なぜ、魚系ブロガーは反論しないのか?

魚系ブロガーは、自身の著作に自作自演のレビューを書いたと批判されているんだから、反論すべきではないか?

もしかして、自作自演のレビューを書いたという批判を知らないのか?それなら、ネットの分析力が足りない。

自作自演の疑いを知っていて、反論しないのなら、やっぱり、自作自演は本当だったのか?

 

自作自演は犯罪です

自作自演のレビューは、景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)に違反する犯罪です。

ちょっと難しいが、法律なので全部を掲載します。興味のない人は読み飛ばしてください。

景品表示法第5条(不当な表示の禁止)

1項 商品又は役務の品質、規格その他の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示し、又は事実に相違して当該事業者と同種若しくは類似の商品若しくは役務を供給している他の事業者に係るものよりも著しく優良であると示す表示であつて、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められるもの

 

しかも、この景品表示法に違反すると、かなりの罰則がある

 

景品表示法第36条

二年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する

 

魚系ブロガーのマネをして、自作自演のレビューを投稿していたら、最悪、懲役2年とということもある。

魚系ブロガーの書くことは、自分で検証して、正しいか間違いか判断しないといけないだろう。

-ブロガーウォッチ

error: Content is protected !!